FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

FP3級独学受験記・試験概要

calendar

reload

FP3級独学受験記・試験概要

こんにちは、オタクFP見習いのカイです。

前回「FP試験を受けよう」にて、FP試験を受験しようかなぁと言う経緯は説明したわけですが、試験内容や受験資格、勉強方法など綴ってみますね。

ちなみに正式名称は「ファイナンシャル・プランニング技能検定」
受かれば「ファイナンシャル・プランニング技能士」と呼ばれます。

まずはFP3級検定試験の概要から。

試験機関は2つ

FP試験を受けようと思って調べてみると試験機関が2つ出てくると思います。

日本FP協会
一般財団法人 金融財政事業研究会(通称きんざい)

どう違うの?と思わるかもしれませんが、試験内容が若干違うくらいで、取れる資格は一緒です。
どちらでもお好きな方を選んでください。
ちなみに私は試験会場の行きやすさで「きんざい」を選びました。

あとは実技の試験(と言ってもペーパーテストです)内容が違いますので、過去問を確認してから受けるのもいいと思います。

 

試験日は年3回

どちらの試験を受けようと同じ日程で年3回行われます。

1月・5月・9月 日曜日開催

受験しやすい日程を選んでください。
内容はもちろんバラバラです(笑)

申請は試験日の2か月前くらいから始まりますので、各々の実施団体のHPをご確認ください。
ちなみに1月試験の申込書申請は10月から、申し込みは11月からです。
ネットでも申し込めます。

・日本FP協会は こちら
・一般財団法人 金融財政事情研究所は こちら

試験の時間は

学科:10:00~12:00
実技:13:30~14:30

一定の時間が過ぎれば途中退場可能です。

 

受験資格

FP3級には受験資格はありません。
誰でも受けられます

 

受験費用

学科:3千円
実技:3千円

どちらも合格しないといけませんので、一気に受験される方は6千円です。プラス手数料がかかります。

日本FP協会・きんざい、どちらで申請しても金額は一緒です。

ちなみになぜ分かれているのかと言うと「一部合格」と言うのが存在します。
「学科」だけ、または「実技」だけ受かったと言う方は「試験免除制度」と言うのあって、有効期限(合格した年度の翌々年度末まで)がありますが、次は残りだけ受けることが可能です。

 

今回学科合格したけど実技がダメだったと言う方は、次回は実技だけ受けることも可能です(逆もまたあり)。
なのでバラバラに掲載されています。
ただし「試験免除制度」は申請しないとダメですので、その時はご注意くださいね。

 

試験形式

学科(共通):60問(○×方式と三答択式)/合格 60点満点中36点以上実技(日本FP協会):20問マークシート  /合格 100点満点中60点以上
実技:5題(1題につき3問ずつくらい)筆記 /合格 50点満点中30点以上

要は学科・実技ともに6割取れれば合格です。
学校の受験のように合格者数が決められているわけではないので、点数さえ取れれば大丈夫です。

 

試験科目

<学科>
1.ライフプランニングと資金計画
2.リスク管理
3.金融資産運用
4.タックスプランニング
5.不動産
6.相続・事業承継

からまんべんなく10問ずつ。

<実技>
日本FP協会:資産設計提案業務
きんざい  :個人資産相談業務
保険顧客資産相談業務
(どちらか一方を選択)

実技の内容も学科の6項目を踏まえ、尚且つ選択した業務に見合った問題が出されます。

概要に関してはこんな感じです。

とにかく誰でも受けられる試験です。

 

次は「FP3級受験記 試験を受けるまで」で私が試験を受けるまでのあれこれを綴ります。

 

 

では、また!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...