FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

FP2級独学受験記 実際の勉強方法

calendar

reload

FP2級独学受験記 実際の勉強方法

スポンサーリンク

受験者 カイ の基本スペック

3級時に同じ。ただしFP3級合格。

せっかくFP3級取ったんだし、この知識がまだキャパの少ない脳内に残ってる間に2級も目指そう!
後回しにしてると絶対忘れる。3級の知識も忘れる自信がある!

と言うことで、3級受験後自己採点の結果では合格しそうだったので、実際の合格発表を待たずに2級の勉強をすることにしました。

まずは参考書を買おう

お約束のこれです。



さすがに今回は問題集も買いました。

ただ2級になると、こちらを推す方が多いです。と言うか、私が見たサイトさんではほぼこちら推しでした。



私も実はこちらを選びたかったのですが「みんなが欲しかった!」よりも発売される時期が遅いんですよね。
私は一刻も早く始めたかったので、きんざいの方は待たずに「みんなが欲しかった!」を買ってしまいました。
FP3級試験時に慣れていたので特に後悔はしてません。

実際の勉強方法

いや、もう本当にお恥ずかしい勉強方法です。
これでなぜに受かったよ。と自分が一番不思議です。
まさに運が良かったとしか言いようがないです。

先に言っておきます。

今回も反面教師にしてください

2級の勉強のとっかかりはネットでの情報収集です。
「FP2級 独学」などで検索すると、たくさんのサイトが引っかかります。
それらを読みふけって出した結論。

3級と同じく

まず参考書を読む(暗記はしない)
問題をこなす
間違えた肢を調べる
計算問題の場合は調べた後、必ず自力で解く

 

これを繰り返せとあります。
まあ、もちろん「まず読む」の時点で挫折しましたけどね。
途中まではがんばって読んだんですけど、3級以上に意味不明。

わー、びっくり

と言うわけで、とりあえずFP2級の過去問ダウンロード!
これです。これしかないです。バカの一つ覚えです。

そして2級の知識も無いまま、過去問に取り組む。

・・・・・・・・・・(チーン)

マジで?

3級のとき以上に解けない。

あれ?3級の知識役立つ?あれ?なんで?
いえ、一応役には立ってます。問題の意味はなんとなくわかるから。
そこは3級の知識で補えます。
問題は、難しすぎて意味不明。
あれぇ?????

なんと「実技正解数/5問(全15問)」

15問中5問って!!!!!

合格点には程遠く。
いやはや┐(´д`)┌

 

てことで、やっぱり一応テキストからやっつけていこうかなとさすがの私も思ったわけです。
しかしねー、どうも私の頭はテキストを読むのに適していないようで、頭に入りませんでした。
多少なりとも3級時で素地はできているものの、読むと眠い眠い(笑)
なのでやはり過去問かなぁと思い至り、けっきょく過去問に舞い戻り。
3級と同様に勉強始めました。

ただ。6月から始めて試験は9月。途中難関の「真夏」が入るんですよねぇ…
それが一番のネックでしたね。

私の部屋にはクーラーが無いもので、くそ暑い日は勉強なんてできる環境でもないわけで。
とくに今年(2018年)の仙台は夏の前半が暑くなってしまってやる気も失せました。
お盆明けて涼しくなってやっと勉強しようかなとか思ったくらいにして。
その時点で、すでに試験まで一か月を切る… (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

それからは必死に過去問やりまくりました。

過去問→解説→似たような問題で復習

解説見ながら途中でテキスト読み返し、それに関係する問題を解く。また過去問に戻る。
ただひたすらこれの繰り返し。

おかげさまで9月になるころには過去問では確実に合格圏内に入るようになりました。

それが大きな油断だったんですけどね。

油断その1

文字数の増加

FP3級とFP2級では問題数が爆発的に増えますと何回も言いましたが、私が受けた2018年9月の試験では問題の文字数が増えてました。

2018年5月 学科

問題14

契約者(=保険料負担者)を法人とする生命保険契約の経理処理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないもとし、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われているものとする。

1.被保険者が役員・従業員全員、死亡保険金受取人が被保険者の遺族、満期保険金受取人が法人である養老保険の保険料は、その2分の1相当額を試算に計上し、残額を損金に算入することができる。

2.被保険者が役員、死亡保険金受取人が法人である長期平準定期保険について、保険期間の前半6割相当期間においては、保険料の全額を試算に計上する。

3.被保険者が役員、死亡保険金受取人が法人である終身保険の保険料は、その全額を資産に計上する。

4.被保険者が役員、入院給付金の受取人が法人である医療保険(10年更新)の入院給付金は、その全額を雑収入に計上する。

(答え 2)

なのに対して、2018年9月になると同じ「契約者が法人とする保険契約の経理処理」の問題が

2018年9月 学科

問題14

契約者(=保険料負担者)を法人とする生命保険契約の経理処理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないもとし、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われているものとする。

1.被保険者が役員、死亡保険金受取人が法人である長期平準定期保険について、保険期間のうち前半6割に相当する前払い期間が経過するまでは支払保険料の2分の1相当額を試算に計上し、前払い期間経過後は資産計上された額を期間の経過に応じ取り崩して損金の額に算入することができる。

2.被保険者が役員・従業員全員、死亡保険金受取人が被保険者の遺族、年金受取人が法人である個人年金保険の支払保険料は、その2分の1相当額を試算に計上し、残額を損金に算入することができる。

3.被保険者が特定の役員、死亡保険金受取人及び満期受取人が法人である養老保険の支払保険料は、全額を資産に計上する。

4.被保険者が役員、死亡保険金受取人が法人である終身保険を解約して受け取った解約返戻金は、資産に計上していた保険料積立金等との差額を雑収入または雑損失に計上する。

(答え 2)

となって、なんだか全体的に行数が増えてるんですよー(T▽T)
ちなみにこの問題14の掲載ページが5月は6ページ目、9月は8ページ目と増えてるんですねー。
それでなくても3級と比べると問題数も増えてるのに、問題一文の文字数が増えている
より一層混乱しました。

そして時間かかりました

しかもそれまでの問題の出し方は、だいたい5月の問題文のように「〇〇のとき××は△△である」という聞き方なのに対して、
9月になると「〇〇のとき××は△△である場合□□である」のように、さらにいらん文言が増えている!
まあ、だからこそ問題文が伸びているのでしょうが。

つまり、過去問だけやっていると、今までの聞かれ方には対処できるけど新たな聞かれ方(増えた文言)に対しては覚えていないと言うことなんです。

もちろん過去問をきちんと理解して、単語の意味も覚えていればいいのですが…

もちろん全ての過去問を網羅したわけではないので、過去さかのぼれば同じような問題が出題されている可能性はあります。
ただ、今回の試験を受けて「過去問だけやっていればいい」と言う感じではなくなってきてるなとは感じました。
新しい制度が出来上がれば、当然それに見合った問題も出てきます。

油断その2

新しい制度の問題が出される

わかりやすいたとえで言うならば「セルフメディケーション税制
これはとても新しい制度で2017年1月から始まりました
最近薬局に行くと棚についている値札のところに「セルフメディケーション税制対象」と書いてあるので目にしたことはあると思います。

『セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは』

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

と厚生労働省のHPには書いてあります。

つまり病気予防のために一般人が特定の医薬品(スイッチOTC医薬品)を購入した時には、その年の所得控除が受けられますよ。
これは本人・本人と生計を同じにする配偶者やその他親族(子供など)の特定の医薬品の合計金額です。

と言う制度です。
2018年9月には学科・実技共に出題されています

問題数としては確かに少ないですが、それでも1問1点が命取りになる試験です。
少なくとも参考書に書かれている単語は、参考書にあまり解説が載っていなくても調べておきましょう。

その点に関しては「独学」よりも「通学・通信」の方に軍配が上がりそうです

とは言え、こうやって試験が終わった後なので言えること。

結局最後まで過去問を解き、解説及びテキストに戻ると言うやり方を最後まで貫きました。
ただ過去問だけをやっていたことを後悔することも知らずに。

ちなみに3級の時と同様、FP2級過去問解説サイトさんに日参しました。アプリも入れました。

こちらです。>2級FP過去問解説

ほんとにほんとにお世話になりました!!

今回は長くなったので「試験当日」以降の話を分けます。

それでは、また!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...