FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

投資をしよう!~初心者向け 積立投信・投資信託

calendar

こんにちは。オタクFP見習いのカイです。

今回は、初心者向け投資の「投資信託」「積立投信」の説明を綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

投資信託(ファンド)とは

これは一言で言って

投資家から集めたお金をひとつにまとめて、専門の運用者が株式や債券などに投資運用する商品。

です。

つまり

個人のお金を集めてプロフェッショナルに運用してもらう商品です。
運用して出た利益は投資額に応じてお金を出した投資家に分配されます。

なぜか基準価格が「1万口」が単位になっています。

利益が出ると「分配金」として投資家に還元されます。

買い方としては「口数指定」や「金額指定」が選べます。
「2万口買います」とか「10万円分買います」という風にお好きな方を選んでください。

預金などと違って、基準価格が上がった時に売れば「売却益」も手にすることができます。
基準価格が下がった場合には買い足して「平均取得単価」を下げることも可能です。

銀行や証券会社で取り扱っています。

投資信託の種類

投資信託にも運用の仕方によって種類が分かれています。

公社債投資信託:株式を全く入れずに運用
株式投資信託:株式を入れて運用
追加型(オープン型):いつでも購入可能
単位型(ユニット型):募集期間中のみ購入可能
オープンエンド型:いつでも解約可能
クローズドエンド型:解約不可(市場で売却する)
インデックス運用:日経平均などの指標に連動した運用成果を目指す。パッシブ運用とも言う。
アクティブ運用:日経平均などの指標を上回る運用成果を目指す。

など分類されますが、だいたい目にするのは「公社債投信」「株式投信」「インデックス運用」「アクティブ運用」あたりですかねー。
ちなみに二つずつ分類していますが、複合型もあります。

日経平均銘柄を主に組み入れてる(株式投資信託)インデックス運用ファンド。とかね。

それはもう多種多様なファンドがありますので、じっくり考えて選ぶといいと思います。

積立投信とは

「積立投資信託」の略ですね。

「投資信託」を積み立てて買うということです。

 

毎月一定額で投資信託を買いつけます。
月々1,000円からでも始められるところもありますので、とても始めやすいと思います。

「投資信託」と同様、銀行や証券会社で買うことができます。
通常の口座を持っていれば、開くことができますので簡単ですね。

では、なぜこれをオススメするかと言いますと。
一言!

時間を味方にできるからです!

積立投資信託の仕組み

さきほど「積立投資信託」とは毎月一定額で投資信託を買う仕組みですとお伝えしました。

毎月一定額で買うということは、基準価格が変われば毎月買える口数が変わります。

基準価格が低ければ、口数は多い
基準価格が高ければ、口数は少ない

例)A投資信託を毎月1万円ずつ積み立てる

<基準価格-1万口当たり->
※購入時手数料は考えないものとする

11月27日 1,230円
12月27日 1,310円
1月27日 1,400円

だった場合、

11月に買える口数 約81,300口
12月に買える口数 約76,300口
1月に買える口数 約71,400口

となります。トータル 約229,000口 です。
※だいたいの計算ですので、10の位以下は切り捨てています。

という風に毎月定額支払いで定価の変わるものを買い続けるという仕組みです。

基準価格が高ければ保有分の価値が上がるが、買える口数は減る。
基準価格が低ければ保有分の価値は下がるが、買える口数は増える。

そんな仕組みです。

積立投信は基準価格が下がってもOK!

さきほど「積立投資信託の仕組み」で

基準価格が高ければ保有分の価値が上がるが、買える口数は減る。
基準価格が低ければ保有分の価値は下がるが、買える口数は増える。

と言いました。

重要なのは

基準価格が低ければ保有分の価値は下がるが、買える口数は増える。

です。

仮に一括購入で「投資信託」を購入した場合、その投資信託の購入価格は変わりません。
一括で購入しているので、あとで追加購入でもしない限り購入価格は変わらないのです。

ですので当然基準価格が下がれば投資信託の価格は下がります。

もちろん「積立投資信託」もそこは同じです。
違うのは、その下がった基準価格の「投資信託」を安く買っていると言うことです。

さきほどの例を取ってみると

例)A投資信託を毎月1万円ずつ積み立てる

<基準価格-1万口当たり->
※購入時手数料は考えないものとする

11月27日 1,230円
12月27日 1,310円
1月27日 1,400円

だった場合、毎月1万円分積立投信を購入すると

11月に買った口数 約81,300口
12月に買った口数 約76,300口
1月に買った口数 約71,400口

トータル229,000口 単純に購入に必要だった金額が3万円になりますので、1万口あたりの平均取得単価がこの時点では1,310円です。

その後、2月に入って

2月27日 1,250円に基準価格が下がった場合

買った口数は 約81,300口となり、トータルが310,300口となります。
その代わり時価評価額が310,300口で38,787円と、減ってしましまいます。

ただし1万口あたりの平均取得単価が1,289円に下がります。

この2月時点ではトータル的にはまだ赤字ですが、こうやって安くなった時に購入しておくと、口数が増えて平均取得単価が下がるので、その後基準価格が上がった時には一気に利益が出ることになります。

もちろんいつ利益が出るかはわかりませんが…(^_^;とは言え、積立投信を長く続けると言うことは、基準価格が下がっても「買いのチャンス」ととらえることができるわけです。

逆に2月27日に 基準価格が 1,500円に上がったとします。

そうなると2月に買える数量は 66,600口 となり、トータルが295,600口と先ほどよりも少し減ります。
「買いのチャンス」は減りますが、時価評価額は 44,340円 に増えます。

投資信託・積立投信のデメリット

まず、手数料がかかります。

・購入時手数料 :購入するときの手数料
・運用管理費用 :信託報酬とも言う。保有しているとかかる手数料
・信託財産留保額:中途解約する際にかかる手数料

これらの手数料は選ぶ「投信(積立投信)」によって変わってきますので、購入時に確認してください。

積立投信と違って、投資信託は一括で購入しますので、最初にそれなりの金額が必要になってきますのでご注意ください。

最大のデメリットとしては、元本保証がない
それに尽きます。

換金したいときに基準価格が下がっていると、損が出ます。
そこは基準価格を確認して、利益が出たら換金するようにして対処するといいでしょう。

一括購入で売り時を見定めなければいけない「投資信託」よりも、基準価格が下がっても利用できる「積立投信」をオススメします。
※積立投信も平均取得単価と基準価格を確認してから売却してください。

まとめ

と言うわけで、デメリットもありますが、積立投信は投資初心者にはとても強い味方になってくれると思います。

標準価格が高くなれば時価評価額が上がり、標準価格が低くなれば購入可能口数が増える。
そんな風に基準価格が上がっても下がっても メリットがありますので初心者にはぴったりだと思います。

みなさんも、積立投信やってみませんか?
とくに面倒なことは好きじゃない、という方にはよりオススメです!

なんでこんなに「積立投信」推しなのかというと、私も積立投信はやってるからなんですけどね。
2002年からカレコレ16年目です(^_^;

リーマンショックで半分になったりと紆余曲折を経て、現在は時価評価額が投資金額の倍近くになりました!
一度利益部分だけ売り払おうかと考え中です。

めんどくさがりで時間のある人にはぴったりだと思います!

投資をお考えの方の手助けになればと思います。

では、また!

folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...