FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

投資をしよう!~下落ったときにどうするか~

calendar

こんにちは。オタクFP見習のカイです。

2018年大納会で日経平均は下がり、2019年大発会でも
前日のNYダウ大幅下落に引きずられて下落から始まった一年ですね。
幸先悪いですが、どうなることやらです。

今回はそんな先行きが暗いなーっていうときに
カイはどうしているのか?と簡単に書いていきますね。

ちなみに信用取引はやっていませんので、
今回は現物売買のみの話となります。

スポンサーリンク

カイの投資スタイル

まず私の投資スタイルは基本「ほったらかし」です。
下手に手を出すと失敗するので。
現実、失敗しています。

なので性格的にほったらかしが合うんだろうなって思っています。
ほったらかしにしている積立投信はがっちり利益出てますし、
2016年までやっていた自社株の持ち株会もリーマンショックをはさんだおかげで
だいぶ利益を出して保有できています。

半面、余裕資金で動かしている株式売買は大きな含み損を抱えて
2019年に突入しました。
いやはや。
2017年は景気が良くて、株式売買もうまく回っていたのですが
2018年になって停滞からの下落。
含み損を始末することもできず、けっきょく2019年に持ち越し。

損切ができない!!

損切(そんぎり)。いやな言葉ですが、大事な言葉。

損切とは一言で言って

保有する株式などを赤字でも売ってしまえ!

ということです。
本来ならば、少し下がってヤバいと思ったら即座に損切りするのが
常套手段なんですが、どうしてもね。

もしかして回復するかも

なんて虫のいいことを思っちゃうんですよね。
で、結局それからずるずると下げて、損切りするには
ヤバい含み損を抱えてしまって身動きが取れなくなる
「塩漬け」状態になるわけですよ。とほほ。

下落したらどうするべきか

これはもう前述のとおり、さっさと損切が正解でしょう。
でないとにっちもさっちもいかなくなって、資金もなくなり
身動きが取れない状態になります。
もちろんほかに資金を投入できればいいのですが、
なかなか余裕資金をそこまで用意するのは難しいでしょう?
だったら

さっさと損切!

が正解です。

本来ならば、購入金額よりも何パーセントか下がったら売る!
と決めておくのが一番なんです。
でないと、資金がなくなり機会損失にもなりますからね。

まとめ

これから投資を始めよう!という方で
積立系ではない株式投資やFXなどを自力で始める場合、
必ずこの事態が訪れると思います。

その時は「損切」を頭に入れておいてください。
確かに塩漬けにしておいて、10年後とかに株価が上がるかもしれない。
でもその10年の間、ぜんぜん売買できなければ時間の無駄ですから。

では今年はきちんと売買できるといいなーと思いつつ2019年は過ごしていきます。

ではまた!!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...