FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

ブックレビュー:継続捜査ゼミ

calendar

こんにちは。オタクFP見習のカイです。

今回は会社の上司にお借りしてる警察小説(?)「継続捜査ゼミ」です。

講談社文庫 継続捜査ゼミ 今野敏著

貸してくれている上司というか元同僚は、けっこう私と同じような趣味(ミステリ好き)でした。以前から本の貸し借りをしていたりして。
今はどうも上司の長女ちゃんがしっかりとミステリ好きに育ったらしく、にひひひ、いいぞいいぞ!と思いながら貸し借り続行中。
長女ちゃんもどんどん沼にはまればいい。ついでにオタクになれ!(←悪魔の誘惑)

私は「私立探偵」とか「素人探偵」とか巻き込まれ系と言うかね、そういうのが好きなんだけど、上司はガッツリと警察小説が好きっぽいので、同じような趣味でありながら買う本がダブることはないという天の采配。
そして今回の「今野敏」さんがお気に入りらしく、いつも貸してくれる。コレクター気質もあるので買い始めると大人買いするんだよね。んで紙袋いっぱいに貸してくれるのよ。いやはや。

とにかく今野敏さんの警察小説とはちょっとイメージの違う今回の「継続捜査ゼミ」
おもしろかったわー。どっちかってーと私好みなシチュエーションで上司グッジョブ!

スポンサーリンク

内 容

長年の刑事生活の後、警察学校校長を最後に退官した小早川の再就職先は女子大だった。
彼が『刑事政策演習ゼミ』、別名『継続捜査ゼミ』で5人の女子大生と挑む課題は公訴時効が廃止された未解決の殺人等重要事案。
最初に選んだのは逃走経路すら不明の15年前の老夫婦殺人事件だった。
彼らは時間の壁を超え事件の真相に到達できるのか。警察小説至上もっと美しい捜査チーム誕生!
警察小説の名手が贈る新シリーズ第1弾!
(EBOOKJAPN より)

感 想

いやぁ、いいね!いいね!こういうの好き!素人があーだこーだ言って、解決するやつ。
しかも今回は主人公が女子大の教授小早川。元刑事で警察学校校長だった人。私の頭の中ではけっこうなロマンスグレーなイメージで読んだ。配役なら誰がいいか。草刈正雄でもいいけど、ちょっと違うかー。もっとこう、ダンディでもの静かな感じの人?誰がいい?でも元刑事だし、どこか鋭いところのある人。うわ、難しい!
それはさておき、ゼミでこんなおもしろうそうなゼミがあるなら大学生やりたいよ!マジでやりたいよ!いいなー。いいなー。

内容としては十五年前の未解決の強盗殺人事件を教材にゼミを展開する小早川とともに大学内で起こった「シューズかたっぽ消失事件」や「日本文学教授写真事件」を解決していくゼミ生たち。
後者の二つの事件を解決に導くととともに十五年前の未解決事件の謎や矛盾点をゼミであぶり出していく。このゼミ生たちがまたいいのよ。かわいい女の子たちでよりよし!
武道家の西野楓、法律に詳しい安藤蘭子、世界の謎オタク瀬戸麻由美、体が弱いので薬について詳しい戸田蓮(れん)、歴女の加藤梓。なぜこの5人がこのゼミを選んだのかは謎。でも彼女たちがそれぞれ優秀でね。
当時の警察が疑問にも思わなかったことに言及し、調査し、事件の謎を解明していく。しかも自分の得意分野の知識量のすごいことすごいこと。ちょっとそんなんあり?て思わなくもないけど、それはそれで有りってことで。

あ、でも昨今流行りのラノベっぽい感じでは全くなく、しっかりと骨太と言うかガッチリしてる感じ。さすが今野敏さんだよ。

あー、たまらん!大学行ったことないんで、ゼミと授業の違いがわからんかったけど、やっとわかった。面白いなーゼミって。あんな感じで教授と中心にディカッションや研究するんだろうね。おもしろいね。
ゼミの時間では足りずに、そのまま懇親会という名の飲み会に流れるのもいい。女子大生目当てで(?)現役刑事もオブザーバーとして参加するのに、いつの間にか増えてるし。おまえら。何しに来てる。仕事しろ。
小早川教授も元警察学校校長とか腕利きの刑事としてのツテを頼って、学生たちと一緒に当時の事件関係者に話を聞きに行ったりして楽しそうだ。
もちろん先生なので、ゼミ生たちの意見を聞いて自分の推理は口に出さないようにしているし、きちんと先生してるんだよね。自分では先生初心者でゼミなんて初めて持ったから手探り状態なんだけど、それでも警察学校校長は伊達じゃなかった。
先生仲間もできて楽しそうな第二の人生送ってるよ。うらやましい!なんだろう、この悠々自適感。たまらん。こんな老後を送りたいもんだ。

あとね、小早川先生が日本文学の先生と話をしてるシーンとか、ちょっと微笑ましいんだ。どちらもなんだかうらやましく感じてるんだろうなーってのが伝わってきて、きっと仲良くなれるに違いないよ。日本文学の先生も自分のゼミに自信が持てたみたいで好感持てるし。
いいなー、大学。行けばよかったよ。と50歳を間近になって思う。今更だけどさ。

最初は短編集かと思っていたんだけど、ひとつの十五年前の未解決事件を軸に、大学内の事件が絡んでくる感じの長編でした。途中で気づいてびっくりした。
今後はゼミ生たちをもっと掘り下げてほしいし、小早川教授の過去話とかもスピンオフでやってほしいわー。
あとはすでに続編も出てるようなので早く文庫化して、上司が買ってくれることを祈るのみ。

ちょっと毛色の違う刑事モノの一作でしたー!

では、また!!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...