FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

【お金の話をしようよ】おひとりさまこそ後見制度を知っておこう!

calendar

こんにちは。オタクFP見習のカイです。
アラフィフ女子に必要なのは「美容と健康と老後の資金」です。
ここでは主に「老後の資金」のことを話しています。
悠々自適な老後のために今がんばりましょー!

**********

今回は直接「老後の資金」「お金の話」ではないのですが、大事なことだけど良く知られていない『後見制度』について調べてみたです。
そもそもわが親に

「後見制度ってあるけど、あんた(FP試験の時に)勉強した?使うの?」

って聞かれたところから興味を持った次第。
ちなみにその後の会話は以下の通り。

私「詳しくはしてない。けど勉強したことはある」
母「じゃあ、私は後見制度ってのを使った方がいい?」
私「あんたは使う必要ない。とりあえず私でいーと思う」
母「あー。じゃあ、あんたには必要ってことだ」
私「だね」

こんなでしたよ。親よりも私が必要だよねって話で締めくくった。私かよ。
親子の関係があるならば、子を任意後見人に選定しておけば、親に何かあった場合には子が後見人になるわけだよね。
だから親世代はまだなんとか。

じゃあ、最後に残るおひとりさまは?私は?
私が年老いて認知症になった場合、資産管理や契約はどうすればいいの?
あれ?おひとりさまこそ本当に必要な制度じゃね?

てことで調べてみたです。
簡単な説明だけども、頭の片隅にでも入れておいてくださいね。

スポンサーリンク

そもそも成年後見制度って??

成年後見制度ってのは本人の認知能力が著しく低下した場合、つまり認知症になったり意識不明になったりした本人に代わってお金の管理を行ったりいろいろな契約をする人を決めておく制度です。
本人が大人の場合の後見制度には『任意後見制度』と『法定後見制度』の二つです。
(未成年に対しての『未成年後見制度』は今回割愛。大人のおひとりさまの話だからね。)

この二つの違いは一言で言って、

後見人を本人が事前に決めておくか、裁判所に決めてもらうか

の違いです。
いや、これがまた大きな違いなんだよね、実際。調べてビックリ。

任意後見制度は後見人を自分で決めておく

任意後見制度の方は、自分がボケる前にこの人に私の後見人になってほしいわーって言うのを決めておく方です。
後見人になってほしい人を決めて、その人との後見人の契約書を公正証書にして公証役場で登録しておくそうです。へぇ。

何と言っても任意後見制度はこの「自分で後見人が決められる」のが大きな特徴。
それが誰であれ、契約することができます。

(注意:実際は後見人になれない人もいます。)

身内でもプロフェッショナルでも。
そして、自分がボケたときからその契約が履行される。
自分がしっかりしている時には自分でできるので、まだ契約は発生しないんだそうだ。へぇ。

身近にいる身内を指定しておけば、本人が気づかなくても「あ、この人ボケてきてヤバイ」ってなったときに「この人ヤバイから後見人必要ー!」と家庭裁判所に申し立ててればよし。
もちろん本人が「ん?認知症か?」ってなった時にも「私ちょっとヤバそうです」って家庭裁判所に申し立てればいいよ。

そうすると家庭裁判所が「任意後見監督人」って人を選任してもらい、後見人の契約が履行されるんだって。

契約が履行される(後見人がお仕事を始める)と、この裁判所が選んだ監督人さんは後見人がきちんと契約者のために仕事をするかどうかチェックしてくれるわけです。
そして毎年一回、裁判所に仕事をきちんとしているかの報告が義務付けられてるようです。
へぇ。

任意後見人はやっぱり身内を選任する人が多いようですね。
んー。やっぱり赤の他人よりも身内のほうが、なんとなく安心率は高いからね。
きちんとやってくれそうな気もするし。

まあ、そうでもないこともあるけども(^_^;
もちろん誰を選んでもいいみたいなので別に身内に限らなくてもOK。

どっちにしてもきちんと公正証書に残す必要がある。

うーん。身内がいいのかプロフェッショナルがいいかは、まだ謎。

あと任意後見人はどこまで後見人にやってもらうのかも契約しないといけないみたい。
不動産の管理や主な契約事項など、後見人にやってもらう範囲だね。これもきちんと契約書に明記する必要があるみたい。

ただ元気なうちにそれを決めるって難しいよね。
だって自分は今元気なんだもん。

本人がまだ大丈夫なうちは契約履行にはならないので大丈夫。
任意後見人制度は本人の判断能力が低下してからの話。

流れとしては

1.本人が元気なうちに家族、友人、弁護士、司法書士等の専門家などの任意後見人を決める
(契約内容も決めておく)
2.その任意後見人と任意後見契約を結び、公証人役場で公正証書を作成する
3.本人に認知症の症状が見られた時に、家庭裁判所に申し立てる。
4.家庭裁判所が任意後見監督人を選任する。
5.任意後見人が任意後見契約に基づき財産の管理や契約などを行う。

こんな感じらしいです。へぇ。

あ、でもあれだ。
家庭裁判所が決めた「任意後見監督人」はプロフェッショナルがなるので、毎月報酬を支払うみたい。
うーん。そっか。やっぱりお金か。
もちろん任意後見人にプロフェッショナルを選んだ場合にも契約履行後は毎月報酬の支払いは発生します。
だよね。

やっぱり世の中お金だよね!

法定後見制度はボケてから家庭裁判所が決める

反対に法定後見制度と言うのは自分がボケた後に裁判所に申し立てて決まるってことです。
つまり本人はボケた後に周りの人(だいたい親族)が裁判所に申し立ててから決まると言うわけ。

家庭裁判所が本人にとってどんな支援が必要なのかをしっかり考えて、家族や法律・福祉の専門家、法人などから適任者を「後見人」に選任するようです。
もちろんプロフェッショナルに頼むと報酬が発生します。お金です。お金よ。だよねー。
親族は無償なことが多いようですけどね。
だから、後見人やってくれる親族いないっつーの。

こちらも「この人にやってほしいなー」という希望は裁判所には言えるようだけどね。
それが家庭裁判所に認められるかは別の話みたい。

でもまああれよね?
本人ボケた後に誰かが裁判所に申し立てないとダメってのが大きなネック。
おひとりさまの場合、そんなことしてくれる人いない可能性大。
だから私はいない。いないってば。

やっぱりここはプロフェッショナル頼みかっ!?

おひとりさまはやっぱり任意後見人を決めておくべき

とは言え普通なら任意にしろ法定にしろやっぱり親族に頼んじゃうよね。

そうなると誰に頼むべきなのか?
これからの最大の悩みどころとなりそう。
つーか、私はプロに頼むしかないじゃーん。

しかしそういう親族が近くにいないわって人はいっそのこと費用払ってプロに頼んだ方がいいのかねぇと思う。
と言うか、それしか選択しないじゃん。

だってボケた後に誰が申し立ててくれるっつーんだ。誰もいないっての。
てことは頭がしっかりしているうちに、任意後見人制度利用しておくしかないの!
自分の身は自分で守るしかないの!

報酬は必要だが強い味方のプロがいる。

そう。プロがいるんだよ。プロが。この世の中にはね。プロがね、いるんだよね。
万歳プロ。
弁護士・司法書士などの各仕業の人が団体を作ってるみたいなんで探すか。
その団体が法人でもOKみたいっすね。
あとは報酬しだいか…

それときちんとした人であることを祈るのみ。

そばに家族がいないとか、親族がいないとか、理由があって家族・親族に頼めないとか。
そういう人は一度プロに頼むことも踏まえて先々のことを考えた方がいいのかも。
私も含めて。

今度仕業の人の無料相談に行ってみようかなぁ。
聞いてみないとわからないからね。

報酬なんかはその人の資産状況に応じてってのも有りみたいなので、臨機応変にやってくれそう。
ただ月額3~5万円くらいが相場っぽいです。
弁護士であろうが司法書士だろうが、大きく変わりは無いみたい。

おひとりさまはいずれ後見人の契約をしておくのが大事

任意後見人なら判断能力が低下してなきゃ契約履行にはならないみたいなんで、早々に契約する必要はないにしろ元気なうちにやっておくに限る。
とくに私らみたいなおひとりさまなら、自分しかいないんだし。

とにかくその時までにしっかり考えればいいよ。
私だってそんな話題が出たから調べてみたけど、そこまで真剣に考えたことは無かったもん。
いつかひとりになるってのはわかりきってるのに。

わかりきってるなら、その時に備えてなにかやっておくべきだし、情報は集めておくべきだと思うのよ。
どーでしょう?
私もがんばって情報集めるし、いい情報があればここでどんどんお伝えするし。

それで今後のことをお金のことも含めて考えてみるのもいいよ。

考えて、いろいろ決めると落ち着く。

え?私だけ?
なんとなく今後なにをしていいのかがわかると、落ち着かない?
先がわからなくて真っ暗な中を手探りで進むのは怖いけど、地図を片手に歩いていれば大丈夫だよね?

その地図を作ればいい。私も少しでもお手つだいするんで、みんなで自分の将来の地図を作ろう。

そして悠々と歩いていこうぜ!

ん?調べてみると「家族信託」って制度もあるみたいだぞ?
もう!次から次へと新しい言葉が出てくる!!
調べても調べても尽きない調べもの!
チクショー!なんか面白くなってきたよ!(笑)

よし。今度はそっちを調べてみるか。

なんにせよ、自分の老後のことだからね。しっかり調べよう。

では、また~!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...