FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

【アラフィフ女子の不安のタネ】お金の不安をばらしてみよう

calendar

こんにちは。オタクFP見習いのカイです。
アラフィフ女子たちに必要なのは「美容と健康と老後の資金」です。
が、ここでは主に「老後の不安」についてのページです。

**********

スポンサーリンク

不安の種を探してみる

前回「アラフィフ女子の不安はお金と健康」で老後の二大不安要素は「お金」と「健康」と断定しました。
そのうちの「お金」の方から探ってみたいと思います。

つまり

老後の資金
老後の住居
老後資金のいざと言う時の信託・後見人
相続(親からの相続、自分の死後の相続)
自分の死後の手続

のこと。

今回はさらにこの中から今までお話ししたことのおさらいも兼ねて

老後の資金

について探っていきましょう。

お金の不安は5つある

じゃあ老後の資金ってどんだけあるの?って言うと、けっこうあります。

老後の普段の生活費
病気やけがをした時の入院・通院費
介護費用
ホームの資金
死後の費用

の5つがあげられますよね?

そして収入は

公的年金
退職金
確定拠出年金
給料(バイトなどする場合)
資産運用益など

の5つが考えられます。

この5つの費用と5つの収入の差額分を、老後までに貯めておかねばならないことがわかるのです。

おひとりさまの老後の必要経費

では、おひとりさまの場合、どのくらい老後の必要経費が必要かも細かく見ていきましょうか。

まず一番大きな生活費。
これは以前にも利用した<高齢単身無職世帯の家計収支-2017年->を見てみると

高齢単身無職世帯の家計収支表

総計 142,198円

です。
でも、待った。これ落とし穴があるんだけど、わかる?
そう。『住居費』です。

住居費:10.2%
金額にして:14,504円

なんでやねん。どこに住んどんねん。

おっと失礼。ついうっかり。
いや、でもこれですよ、これ。
マジでそんなわけないでしょ、ちょっとと言いたい。
つまりこの表というのは、住宅は所持しているものとして考えているわけ。
まあね?確かにマイホームを持ってるおひとりさまもいるけどね?
そしてすでにローンを支払い終えてる人もいるけどね?

ここです。問題はここ。

マイホームを持っていない。

もしくは

マイホーム持っていてもローンがまだ残っている。

そういう人たちはこの「住居費」では全然足らんのですわ。
そこをリアルに加味すると毎月に生活費というのはグンッ!と跳ね上がるんですよ。これが。

これはもう家賃によって大きく変わってくるけども

月平均5~10万円

くらいでしょ?
もっと安いところを探せばいいけども、年をとったら利便性も取りたいし。
となると家賃はある程度確保せねばならん。
地方の田舎ならまだしも、都心含め大都市ならなおのこと。

しかし怖いことに地方の田舎は家賃は安くても車保有率が馬鹿みたいに高いので、車費用が別途かかる。
ちなみに軽自動車でだいたい年間50万円以上(本体費用別途)かかると思って差し支えない。金食い虫ー。
でも田舎は利便性が悪いし、車で行くこと前提でお店などが郊外にできてるので必要経費ー。泣くー。

んでもって持ち家派だってうかうかしてらんない。
なぜなら持ち家(戸建)の場合は維持費がかかるから。
固定資産税は当然として、水周りの交換や外壁の塗り替えなど、意外にお金がかかるんですよ。マジで。
我が家も先日築30年の2階建て戸建を塗り替えたけど、100万くらい軽く吹っ飛びましたわ(T□T)

つまり本当はいくらくらい必要か?

さきほどの住居費を14,500円から80,000円くらいに上げると月々の必要額は

約200,000円

となる。年間にして240万円になってします。
なってしまうんですよ!

それが65歳から90歳までの25年間とすると

総額 6,000万円!!!

マジか。マジなのか!生きるだけでこんなにかかるのかっ!?って金額です。

心を落ち着けましょう。スーハースーハー。
OK?大丈夫ですか?落ち着きました?

では、落ち着いたところで次の爆弾行きましょうか?

さらに重ねて必要になる費用

うふ。生活費だけで悲鳴を上げてはいけません。
高齢になるとさらにかかる費用を忘れていませんか?

そう。

医療費!

だいたいどの病院に行ってもお年寄りの方がたくさん待合室にいらっしゃいますよね?
病院に来るのは元気な人なんて言う皮肉もありますが、
実際に高齢になるといろいろ体にガタが来る上に若い人と違って恒久的に通わなければならない症状も多々あるわけで。
こればかりは仕方ないところもある。

ちなみに先ほどの<高齢単身無職世帯の家計収支-2017年->を再度見てみると
高齢単身無職世帯の家計収支表

保健医療費:5.6%
金額にして 7,963円

年間にして約96,000円ですよ。けっこうえげつないですよね。

これがガンや脳疾患になった場合には、とうぜんもっとかかります。
長期間ならなおのこと。

ちなみにがん患者の場合、自己負担額は年間平均約92万円。
償還・給付額は平均約61.3万円だそうです。差額が実質自己負担額。

でもこれに関しては「高額医療制度」があるので、一定の医療費以上はかからないのでご安心を。
(全額自己負担な自由診療のものは除く)

年収500万円で50歳の人が医療費100万円かかった場合
3割負担で窓口負担は30万円となる。
高額医療制度を利用すると 約9万円 ほどになると思っておいてください。

もちろん何かあった時のため保険「医療保険」がずいぶんとあちこちから出てるんですよね。私も入ってますが。
ただこの医療保険も高齢になるとだいぶ保障が小さくなるものが多いんですよねー。共済もですー。

なのでこの医療費が8,000円ではなく月に1万円かかった場合、生活費は

月額 約144,000円
年額 1,728,000円

になり、先ほどの家賃8万円で考えると

月額 202,000円
年額 2,424,000円
25年で 60,600,000円

となるー。なるー。なるー。

収入を考えてみようか

では次におひとりさまの収入を考えてみましょう。
収入の大きな柱になるのは「公的年金」ですよね?
公的年金はそれまでの収入で変わってきてしまうのでなんとも言えないけども

調べてみると

平均 約14万円

ただし、これを女性だけにすると

平均 約10万円

となる。

女子少ねっ!!

と思ったけども、これにはからくりがあって、

社会人だった女性が結婚して会社を辞め、夫の扶養に入る

人が多かったから。
なので自分で支払った厚生年金保険料が少ないからとなってます。

つまり最初から最後まで会社員であった場合には純粋に「標準報酬月額」と「支払期間」で計算できることになります。
おひとりさまで会社員で働いて40年加入したとすると、だいたい年額130万円くらいはもらえるかなぁって感じかなぁ?

年額130万円で計算すると25年

支給総額 3,250万円

となる。

老後の必要資金はいくらかな?

これで必要な支出と収入が出た。

65歳~90歳まで
支出 6,000万円
収入 3,250万円

つまり不足額は 2,750万円 となった。

この不足額を65歳までになんとかしよう!
ただし以前から言っているとおり、馬鹿正直にこの2,750万円を貯める必要はない。
ここは投資の出番だからね!

それと退職金(確定拠出年金)が加わり、他にも資産運用で稼いだ金額だったり、個人保険年金だったりが加算されるので、
多少なりとも準備をしていた人はだいぶ老後資金を貯めるにも楽になってると思う

それについてはまた次回。

生きてるだけでお金はかかる

つまり何が言いたいかと言うと、

生きているだけでお金がかかるということ

これはまだ5大要素の2つまでしか見てないのに、すでに3,000万弱必要だと計算で出ている通り。
しかもこれに「介護費用 ホームの資金 死後の費用」がさらに加算されるし。
それにすでに計算済みの医療費だって病気によってはまだまだかかる。

今後はそれらもきちんと見ていこうと思っている。

さらに生きているだけでお金がかかることになるかもしれない。

でもそれが現実。
この現実を無視して「長生きはいいことだ」と手放しで推奨はできない。
とくにこの少子高齢化で、社会保険料を担ってくれる若者がどんどん減っている昨今、
あまり公的年金ばかりに依存していては、そこが崩れてしまったら最悪なことになる。

そういう危機感も私たちは持っていないといけない。
今更!って思っている人もいるかもしれないけど、私に言わせてみれば全然今更じゃない。
少子高齢化なんてずいぶん以前から言われていた話だし。
だったらなんとか自力で自分を救済することを考えないといけない。

自助努力だのと政府が言ったら「おまえが言うな」だけども、それを見越して自分で準備するのはあり。

ただ不思議なことに、こういうことは誰も教えてくれない。
自分で調べないと情報を入手することはできない。

教育しないと必然性すら感じないじゃん。

そういうわけで、少しでも情報を提供していきたいのです。

てことで、まだまだ「不安の種」を取り除く情報を提供していきますね!

では、また~!

folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...