FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

【お金の話をしようよ】投資信託の分配金について

calendar

こんにちは。オタクFP見習カイです。
アラフィフ女子たちに必要なのは「美容と健康と老後の資金」です。
ここでは主に「老後の資金」のことを話しています。

**************

5/20ころ積立投信をしている銀行からハガキが届きました。

10万円ばっかし入れている定期預金の金利のお知らせか?
どうせ10円20円の話なんだから、わざわざ送ってくれなくてもいいのに。
もったいない。
その郵送料分、金利上乗せしてくれいっ!

と思って開いたら。

 収益分配金再投資のご案内(兼 支払通知書)

でした。

おおお。分配金出たよー。ラッキー♪

では今回はこの「投信信託の分配金」について、実例を踏まえて説明していきましょう。

スポンサーリンク

分配金が出ることもある投資信託

分配金

今回分配金が出たのは毎月投資結果をお知らせしている『JPMアジア株式会社・アクティブオープン』の分配金です。
だいたい108万口(投資信託は1万口が単位です)持っていて、下の<分配金単価>を見てもらうとわかる通り、
1万口あたり300円の普通分配金が出ていることがわかります。
<分配金単価>
分配金単価

つまり
1,084,882口 ÷ 1万口 =108.4882
1万口の分配金単価 300円 × 108.4882 = 約32,546円

てことですね。
これに対して「所得税」と「住民税」で6,611円が引かれ 25,935円 が分配金としてもらえました!

分配金は再投資に回っている

だからと言って、この分配金は私の通帳に入るのではなく、そのまま再投資に回されています。

分配金再投資

このように、分配金(税引き後)がまるっと再投資され 8,985口 買えました。
投資信託は1万口が単位ですが、1万口買えるだけの金額に投資額が満たない場合には1万口未満の口数を購入します。

そうやって自分が貯めている以上に投資額及び口数が増えていき、積立投信というのは積みあがっていくのがわかると思います。

分配金の仕組み

ここでもう一度分配金単価を見てみましょう。

分配金単価

ん?なぜか二つの欄があります。
今回、分配金があったのは左側の『普通分配金』だけです。
右側の『元本払戻金(特別分配金)』側は0円です。

この二つって何が違うの?どう違うの?って思ったあなたは鋭い!

実は投資信託には二つの分配金が存在するんです!

これが

普通分配金 と 特別分配金

この二つです。

ではこの二つの違いを説明しましょう!

分配金とは?

まずは最初に『分配金』ってなんなのよ。って言うところからご説明しましょー!

分配金とは

投資信託の運用によって生じた利益から投資者に支払われるもの。
銀行の預金と違って投資信託の純資産から支払われる。

と言うものです。
まあ、預金の利息と同じようなものと考えてもらって大筋間違いじゃないです。
間違いじゃないけど、全く違うものなのです。

何が違うって、まず利息と違って利率が決まってません
その時の運用によって分配金額は変わってきます。
もらえないこともよくある話。

そして預金の利息と大きく違うこと。
それは

分配金支払い後、個別元本の価格が下がることがある

と言うこと!

え?どういうこと?って感じですよねー(^_^;

簡単に言うと、分配金を支払うためにあなたが投資した元本からお支払しますよーってこと。
つまり。

1,000円の投資信託、分配金が100円出たけど、買った後に元本が950円に下がってしまった。

と言うことなのです。
なんでこんなことが起こるのか?

それは、投資信託の分配金には「普通分配金」と「特別分配金」というものが存在するから、です。

普通分配金とは?

これは投資信託を運用して出た利益から支払われる分配金のこと。
個別元本の基準価格は下がりません。

なぜならきちんと利益の中から支払っているから。

一例をあげると


(図:投資信託協会より)

総額10,000円の投資信託があったとします。
このファンドは3人の投資家が買っているとします。
ファンドを運用したらトータル300円の収益が上がりました。
その時にファンドの総額は10,300円になります。

投資家に分配金を100円ずつ払った場合(図A)、残りは10,000円になります(図B)

この場合、投資家に支払った分配金は収益の範囲内なので、ファンド自体の価値は利益を出す前と変わりません。

これが普通分配金の考え方。

ちなみに分配金を受け取った際には「所得税」と「住民税」が取られます(^_^;

特別分配金とは?

では、先ほどの投資信託の分配金を150円ずつ投資家に支払われたとします。
そうなると、どうなるかと言うと。

収益の300円だけでは足りなくなりますよね?
でも分配金は支払われます。

150円×3人 = 450円

普通分配金 100円 + 特別分配金 50円 = 150円 の分配金

を投資家は受け取ります。

そうなると総額10,300円から450円を支払ったので、分配金支払い後の価格は9,850円となってしまいました。

つまり、収益だけでは足らない分を本体から出すことによって、支払い後の価値が下がるわけです。

この本体部分から支払った分配金部分が 特別分配金 と言います。
特別分配金の部分はそもそも利益ではないので、税金はかかりません

注意点

分配金が出るとうれしいのはうれしいのですが、今言ったように「特別分配金」で分配金を出しているように見えるものもたくさんあるので注意してください。
今後のために投資信託で少しでも増やしたいと言う人は、あまり分配金にこだわらず、もし分配金が出たとしてもそのまま投資に回す投資信託を選ぶといいと思います。

運用収益が出ないと分配金も出ないので、必ずしも分配金は出るわけではないと言うことも覚えておいてください。
毎月分配金が出るタイプは、分配金が出るたびに標準価格が下がる可能性があるたこ足配当の可能性が高いです。
十二分に注意してください。

※たこ足配当
たこは空腹になると自分の足を食べると言うことから、利益が出ていないのに利益が出たようにして分配金を出すことを言う。
足を食べたらその分(基準価格が)減るので、注意!

まとめ

今回は私の積立投信で分配金は出ましたが、これはアクティブオープンだったからこそ出たともいえる。
もう一つの「インデックス225」の方は出たことないです。収益が上がっても分配金として分配せずにそのまま組み込まれているわけです。

投資信託を選ぶ際には、そういうことも確認してくださいね。

でもやっぱり分配金が出るとうれしいなーって思っちゃうんですよね。
基準価格が下がるから困るんだけども(^_^;

どっちもどっちって感じです。

ただ、今回のように普通分配金が出た上で、それがそのまま再投資されると勝手に口数が増えていく。
引いては資産が増えていくということです。

よく見極めて、しっかりと自分の資産を増やしましょう!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...