FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

【アラフィフ女子の不安のタネ】病気になった時の公的支援制度を利用しよう!

calendar

こんにちは。オタクFP見習のカイです。
アラフィフ女子たちに必要なのは「美容と健康と老後の資金」です。
が、ここでは主に「老後の不安」についてのページです。

**********

先日、障害年金の話をしましたが、その後BS11の『報道ライブ インサイドOUT』にてタイムリーに

『がんになっても困らない生活防衛術』

という特集を組んでいました。
まあ、びっくり。
なんてタイムリー!

それを踏まえて、今回は補足説明をば。

スポンサーリンク

障害年金についての補足説明

障害者手帳との関連性

まずは障害者手帳との違い。

『障害者手帳』と言う言葉をよく耳にすると思うのですが、恥ずかしながらこの『障害者手帳』と『障害年金』はリンクしているものと思い込んでました。
今まであまり自分に関係ない話だったので、なんとなく似た語感のこの二つは

きっと障害年金と言うのは障害者手帳をもらっている人の話なんだろう

と思っていましたのです。
あー、恥ずかしい。

実は全く別物ですので、この障害者手帳を持っていなくても受給できます。

ちなみにこの二つの違いは以下の通りです。

・障害者手帳
生活面の支援を受けられる
・障害年金
生活資金の支援を受けられる

こうやって見ると全然別物!納得!

障害年金を受給する際の注意点

最大の注意点としては、

申請して審査が通るまで、非常に時間がかかること。

4~5カ月くらいかかることはザラのようです。
申請はお早めに。

そしてもう一つ。

申請には「診断書」が必要なのですが、医者の側も知識不足から「障害者手帳用の診断書」と勘違いして「作成できません」と言われることもあるそうです。
どうも「障害者手帳用の診断書」と言うのは、いろいろ形式があるらしいのです。
「障害年金」の診断書は普通の診断書なので医者なら誰でも書けるものです。
書けない道理はない。と言うことを頭に入れて挑んでください。

『報道ライブ インサイドOUT』では医者にも障害年金の診断書について勉強が必要ですね、と言っていたので、だんだんと大丈夫になっていくのかもしれません。

医者に診断書を断られたと言って途方に暮れていないで、そういう時には誰かに相談しましょう。

わからないことは相談する

では、いったい誰に相談すればいいのか?

まずは病院にいるソーシャルワーカーさんや看護師さんに相談してみてください。
他にも年金の話ですので、社会保険労務士さんや年金事務所に行って障害年金に詳しい担当者さんにも相談してみましょう。

各々どのような相談事に乗ってくれるのか?
ちょうど『報道ライブ インサイドOUT』で表になっていたのでパクってみます(笑)

各専門職の役割

一目でわかりますね。

ソーシャルワーカーさんや看護師には病気のことや公的な支援のこと。
社会保険労務士さんには年金などの公的支援や保険制度など。
保険担当者しゃんには専門性の高い保険に関することなど。
ファイナンシャルプランナーさんには私的財産や保険について。

いざと言う時には、誰になにを相談すればいいのかを確認してから相談しましょう!

面倒だからと言ってあきらめてはだめですよ?

利用できる社会保険制度など

社会保障制度

番組では60~65歳の、会社を退職して年金を受け取るまでの無収入になったときに利用できる社会保険と言うくくりでした。
ですが、この一覧表の「年金繰上げ受給」以外は、私たち現役世代でも利用できる制度です。

・国民健康保険・国民年金

障害基礎年金 初診日に国民年金に加入していた場合に受け取れる年金

・協会けんぽ・健康保険組合・厚生年金

傷病手当金  病気やけがなどで休業中、十分な報酬が受けられない場合に支給
障害厚生年金 初診日に厚生年金に加入していた場合に受け取れる年金
雇用保険   退職した際に受け取る失業保険

このように、会社員であった場合には、年金以外にも支援を受けられることがあります。

現在働いている人は、病気になったからとすぐに辞めないでくださいね。

がん制度ドッグを利用してみよう

このような制度の中で、自分はどのような支援が受けられるのか、簡単に教えてくれるサイトがあります。

がん制度ドッグ

ここではがんの「お金」に関する制度をまとめてくれています。
自分の情報(疾病や年金・保険に関することなど)を入力すると、現在受けられる支援制度を検索してくれます。

ぜひとも活用してくださいませ!

まとめ

なんともタイムリーに特集を組まれていたなぁと言った感じでしたので、それを踏まえて補足説明をしてみました。

まずなんと言っても、障害年金を受ける場合の診断書の書き方を、医者が知らない可能性があると言うのがびっくりでした(^_^;
誰でも書けるものって言ってたよ?
障害者手帳の診断書と勘違いしてるとか。

うーむ。そのあたりは本当に病院で勉強会開いてほしい。
患者の生活、ひいては治療に関わってくるからね~。お金は大事よ~?

それと会社員ならば、意外に支援制度があるんだなぁってこと。
と言うことは、会社員であれば不調を感じたらすぐに病院に行くのが大事ってことだよね。

なんせ「初診日がいつか」によって、年金も変わってくるし使える制度も変わるし。

治療は長丁場になることもよくあります。
面倒だなんて思わずに、自分の生活のことを考えて、使える制度は全部使う勢いで使いましょう。

まだまだ自分は大丈夫!と思っていても病気はいつかかるかわかりません。
情報だけでも頭に入れておきましょう。

『報道ライブ インサイドOUT』でも言っていたけど、情報って大事です。
自分で取りに行かないと、情報は自動でやってきません。

そしてこれらの制度は

自分から申請しないと、誰もなにもやってくれない

と言うこと。

これをしっかり覚えておきましょう。
もう少ししっかりと情報をわかりやすく開示をしてほしいもんだよ。まったく。

今回調べたけど、公的なHPの文言ってわかりづらいのよ、マジで!読むの嫌になったわ!!ヽ(`Д´)ノ
それでなくても病気でツライのに、しんどい文章読ますなよ!
もっと簡潔に!わかりやすく!
よろしく頼むよ、ほんと(^_^;

folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...