FPの「F」は腐女子(FUJOSHI)の「F」

アラフィフ女子よ!悠々自適な老後生活を目指そうじゃないか!

こんにちは。オタクFP見習いのカイです。
所得税との双璧(?)の税金「住民税」です。

こちらも必ず差し引かれる税金です。
ワンポイントレッスンで頭の片隅にでも入れておきましょう。

住民税は地方税。

住民税とは

正式名称は「個人住民税
なぜなら「法人」も住民税を支払うので「法人住民税」と区別するため。
でも普通は「住民税」と言えば、私たちが支払っている「個人住民税」を指す。

住民税とは、住民に課せられる地方税で、市町村民税と都道県民税でできている。

課税所得(年収ではない)から10%持って行かれている。
所得税と違って、税率は全国ほぼ一律。

所得税は 今年の所得から計算し、今年支払う
住民税は 前年の所得から計算し、翌年支払う

だから会社を退職した翌年は、収入が無くても住民税を支払わなければならない。
所得税同様、収入が多いほど金額も多くなる(税率は一緒)ので、高収入者が退職した翌年は要注意

注意点としては総合課税で確定申告すると、給料以外の所得(株式売却益や配当金など)も住民税の課税対象になるので、
翌年の住民税がその分上がることになる。理由は後述。
(確定申告には「総合課税」と「申告分離課税」の2種類がある)

年末調整

所得税と同じく、年末調整で課税所得を決める。
その翌年の税金額がそれにより決まるので、年末調整大事。
生命保険加入者・地震保険加入者・個人年金保険加入者・扶養家族(配偶者含む)がいる人は必ず忘れずに年末調整すること。

もし忘れても確定申告すれば大丈夫なので安心。
年末調整後に変更があった場合も確定申告でOK。

確定申告と住民税申告不要制度

確定申告を「総合課税」すると翌年の住民税が高くなるのは

前年の総収入から計算される課税所得の10%が住民税なので、当然総収入が高ければ高いほど住民税も金額が高くなるからだ。
税率は一緒。

100万円と120万円では同じ10%でも前者は10万円、後者は12万円。
そういう事。

その場合「住民税申告不要制度」を利用して、確定申告に住民税を含まない選択をすると、
総収入は増えないので翌年の住民税が突然増えることは無い。

配当等を得た場合、その配当にかかる住民税は5%なので、通常の住民税よりも安い。
配当控除はいらないよと言う人は、配当に関しては確定申告をしないと言うのも手。
(その場合、所得税は15.315%、住民税は5%が徴収される)

参考【確定申告】住民税申告不要の申し出をしてきたよ

所得税にしろ住民税にしろ、自分で支払っている税金は多く取られ気味です。
詳しく知る必要はありませんが、取り戻せるものであると言うことだけでも知っておきましょう。
そして、年末調整や確定申告で賢く取り戻しましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お金のワンポイントレッスン

【税金】住民税
【税金】所得税
【投資】リスクとリターン
more...

folder ごあいさつ

2020年の豊富を語る
ブログはじめました
more...

folder ブログ初心者

ワードプレス5.0を戻したい!
more...

folder 未分類

【複利】複利効果とは
more...

folder 税金

確定申告の時期ですね
more...